大人ニキビから思春期ニキビまで、しつこいニキビを治しちゃおう!

ニキビが治らないのは、化粧品だけのせいじゃない?

ニキビ,ケア,シミ,原因
ニキビの原因とは?
ニキビの原因は様々ですが、基礎化粧品のせいばかりではありません。
ニキビ,ケア,シミ,原因
ニキビの予防情報
ニキビができにくい肌作り、体作りを目指して、肌の健やかさを保とう。
ニキビ,ケア,シミ,原因
ニキビ対策最前線
ニキビ対策として、するべきことをピックアップ。ケアの参考にしてね!

■シミの原因

あらゆるシミに美白化粧品が効くわけではありません。消えないシミもあります。

しかし、すべての美白化粧品はシミの「予防」はしてくれます。効果的に美白クリームを使いましょう。

●シミのメカニズム
シミの種類は主に紫外線によるシミと、ふだんのスキンケアによって起こるシミの2つあります。いずれもむずかしいメカニズムではありません。

(1)紫外線によるシミ

紫外線が当たると肌がメラニン色素を出します。若くて新陳代謝が良い時には、出来てしまったシミはそのうち消えてくれます。シミの成分が静脈流などに乗って体外に排出されるのです。しかし歳を重ねるうちに代謝が落ちてシミが消えてくれません。また、3年前に浴びた紫外線によるシミが今頃になって出てきた…という笑えない話も。

(2)スキンケアによるシミ

目のまわりは顔の中でも特に肌が薄いものです。ポイントメイクを落とす時に目元をこすっていると摩擦によって肌がダメージを受けてシミができやすくなります。目元がくすんできたのは、ポイントメイクが肌に浸透したわけではないのです。(なんでも浸透するのであればピンクのチークだって浸透する。しかしそのようなことはない。)

■シミの種類と消し方

(1)老人性色素斑

多くの女性が「私のシミはカンパンである」と思いたいと思います。女性ホルモンのバランスが崩れて起こるのがカンパンですが、多くのシミはこの老人性色素斑です。「老人性」という言葉がイヤなのか、否定する女性が多いのですが実態は老人性色素斑。ごく初期のものは美白クリームで消すことができます。ピーリングでも消すことができます。しかし濃くてはっきりしたシミはレーザー治療が必要です。

(2)カンパン

女性ホルモンのバランスが悪くなるとほお骨のあたりに左右対称にできるシミです。クリニックで処方されるトラネキサム酸を服用すると消えることがあります。また、ピーリングや美白化粧品でも対応ができます。

(3)ソバカス

鼻を中心として小さなシミが点在している症状です。ソバカスはある程度は遺伝であるために、完治がむずかしいのです。美白化粧品の効果はあまり期待できません。レーザー治療が有効ですが、治療をしたあと再発をすることもあります。

●美白化粧品の使い方
美白化粧品は肌の中メラニン色素が生成されるのを抑える作用があります。よって顔全体に塗ることが大切です。上述したようにできてしまったシミは美白化粧品で消せないこともあります。メラニン色素が原因でないシミ(ソバカスとか、肌細胞が変質してできたシミ)は美白化粧品では消えません。

美肌マニア~スキンケア情報シリーズ

ニキビ,ケア,シミ,原因

シミの原因

シミの原因は紫外線だけじゃない
ニキビ,ケア,シミ,原因

シミの予防について

シミ予防にはこんな方法もあり
ニキビ,ケア,シミ,原因

シミ対策

シミができにくい肌の秘訣とは?
ニキビ,ケア,シミ,原因

アミノ酸の美容効果

アミノ酸はお肌の成分
ニキビ,ケア,シミ,原因

コラーゲンとヒアルロン酸

意外と知らないこの違い
ニキビ,ケア,シミ,原因

ビタミンCはなぜ効く?

なぜ美白効果がある?
ニキビ,ケア,シミ,原因

ビタミンの美容効果

様々な美容効果について
ニキビ,ケア,シミ,原因

ビタミン誘導体とは?

化粧品に入っている誘導体って?
ニキビ,ケア,シミ,原因

ひじ・ひざの黒ずみについて

体のケアも美肌の秘訣