大人ニキビから思春期ニキビまで、しつこいニキビを治しちゃおう!

ニキビが治らないのは、化粧品だけのせいじゃない?

ニキビ,ケア,シミ,対策
ニキビの原因とは?
ニキビの原因は様々ですが、基礎化粧品のせいばかりではありません。
ニキビ,ケア,シミ,対策
ニキビの予防情報
ニキビができにくい肌作り、体作りを目指して、肌の健やかさを保とう。
ニキビ,ケア,シミ,対策
ニキビ対策最前線
ニキビ対策として、するべきことをピックアップ。ケアの参考にしてね!

■シミ対策

一口にシミと言ってもいろんな種類があります。種類ごとのシミ対策をご紹介しましょう。

(1)老人性色素斑
日焼けでできたシミを老人性色素斑と呼びます。多くの女性は自分のシミをカンパン(肝斑)であると思いたいと思います。しかしカンパンの割合は非常に低いものです。「老人性」という呼び方があまり好きになれないと思いますが、女性のシミのほとんどは老人性色素斑なのです。 老人性色素斑は見えるか見えないか程度のものであれば、美白化粧品によって消すことは可能です。しかし濃くてはっきりしたシミはレーザー治療が必要になってきます。

(2)脂漏性角化症
紫外線の影響が蓄積して黒っぽいイボのように盛り上がったシミ。レーザー治療などで焼いてとらないととれません。

(3)ソバカス
ソバカスは遺伝です。遺伝に効く美白化粧品はないので、レーザー治療などで改善しますが、再発することもあります。

(4)肝斑
ほおに左右対称にできるシミです。女性ホルモンのバランスが乱れて出てくることが多く、食事のバランスを良くする、しっかりと睡眠をとるなどの対策が必須になります。ピーリングや美白化粧品の効果も期待できます。

(5)炎症性色素沈着
にきびの跡や虫さされの跡が茶色いシミになっているもの。自然に治ることもありますが、完治までに2~3年くらいかかります。ピーリングで肌のターンオーバーを促進させるといいでしょう。

■紫外線対策がポイントです。

(1)も(2)も紫外線対策がポイントになります。UVカットクリームを使用する。

パウダーファンデーションを使用する。日傘や帽子を使用することです。パウダーファンデーションは紫外線を跳ね返す作用があります。

(1)家にいる時も紫外線対策をする
肌の老化につながる紫外線A波はガラスを通り抜けて室内にも入ってきています。「今日はどこにも出掛けないからすっぴんで過ごす」というのはやめましょう。

(2)日焼け止めクリームは塗り直しましょう
日焼け止めクリームは長時間屋外にいて汗をかくと落ちます。こまめに塗り直しましょう。塗り直す時は、一度きれいに落としてから塗ります。古くなった紫外線クリームをそのまま放置しておくと肌から出てくる皮脂などと日焼け防止クリームと紫外線が互いに化学反応を起こして酸化してきます。

(3)曇りの日も紫外線対策を
暑さやまぶしさがなくても、紫外線は地上に降り注いでいます。雲っている日でも、ちゃんと紫外線対策をしてから外出するようにしましょう。

美肌マニア~スキンケア情報シリーズ

ニキビ,ケア,シミ,対策

シミの原因

シミの原因は紫外線だけじゃない
ニキビ,ケア,シミ,対策

シミの予防について

シミ予防にはこんな方法もあり
ニキビ,ケア,シミ,対策

シミ対策

シミができにくい肌の秘訣とは?
ニキビ,ケア,シミ,対策

アミノ酸の美容効果

アミノ酸はお肌の成分
ニキビ,ケア,シミ,対策

コラーゲンとヒアルロン酸

意外と知らないこの違い
ニキビ,ケア,シミ,対策

ビタミンCはなぜ効く?

なぜ美白効果がある?
ニキビ,ケア,シミ,対策

ビタミンの美容効果

様々な美容効果について
ニキビ,ケア,シミ,対策

ビタミン誘導体とは?

化粧品に入っている誘導体って?
ニキビ,ケア,シミ,対策

ひじ・ひざの黒ずみについて

体のケアも美肌の秘訣