大人ニキビから思春期ニキビまで、しつこいニキビを治しちゃおう!

ニキビが治らないのは、化粧品だけのせいじゃない?

ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体
ニキビの原因とは?
ニキビの原因は様々ですが、基礎化粧品のせいばかりではありません。
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体
ニキビの予防情報
ニキビができにくい肌作り、体作りを目指して、肌の健やかさを保とう。
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体
ニキビ対策最前線
ニキビ対策として、するべきことをピックアップ。ケアの参考にしてね!

■誘導体とは?

ビタミンC誘導体という言葉を最近よく聞きます。

ビタミンCの約100倍も肌に浸透する成分がビタミンC誘導体です。

●従来の「ビタミンC」の弱点とは?
ビタミンCは非常に不安定な構造をしています。よって空気に触れると酸化しやすく、水に触れると活性力を失います。また、肌への浸透率もさほど良くありません。無理に濃度の濃いビタミンCを肌に塗ると肌が赤く腫れたりひりひりしたりして、肌トラブルのもとになります。

●ビタミンC誘導体とは
上記のようなビタミンCの弱点を補って(抗酸化作用を持たせて)、肌に浸透しやすくしたものをビタミンC誘導体と呼びます。医薬部外品として国が認定している成分です。肌の保湿をしてくれたり、メラニン色素にはたらきかけてくれて美白肌へと導いてくれます。成分的には、リン酸パルミチン酸アスコルピル3Na(APPS、アプレシエ)、リン酸アスコルピン酸Na(APS)などです。

●誘導体がスキンケアを変える
肌の保湿と言えば、大量の化粧水を肌に塗ることと思っている女性もたくさんいると思います。しかし、保湿の基本は化粧水や皮脂にあるわけではなく、セラミドを与えることにあります。セラミドとは角質の隙間を埋めている成分です。セラミドは体内でつくられる水分を守ってくれる成分で、角質細胞の間に存在していますが歳とともに減っていきます。ビタミンC誘導体を効果的に活用して、セラミドを補いましょう。

■誘導体のいろいろ

(1)AA2G(グルコシド型C誘導体)

美白化粧品によく使用されています。体内でブドウ糖とビタミンCに分解されることで美白効果を生み出します。成分の構造に安定性があるので敏感肌の人に向いています。成分の構造が複雑で安定性がないものは、たとえば植物性の成分で(天然の○○の木から採りました!)、天然と言えば聞こえはいいのですが、肌が強い人でもかぶれたりします。

(2)APM・APS(水溶性C誘導体)

薬用の美白成分として、化粧水や美容クリームなどに配合されます。

(3)APPS(両親和性C誘導体)

両親和性というのは、水と油、つまり「脂質にも水分にもよく馴染みますよ」ということです。角質への浸透力が高く、美顔器を使用しないでもしっかりと浸透してくれます。

(4)EPC(ビタミンC・E結合型誘導体)

こちらも両親和性があり、角質によく浸透するビタミン誘導体です。アンチエイジング用の美容液に多用されています。

(5)VCIP(油溶性C誘導体)

ビタミンCと油分をうまく混ぜ合わせてできているビタミンC誘導体です。保湿力が強く、乾燥から肌を守ってくれます。

美肌マニア~スキンケア情報シリーズ

ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

シミの原因

シミの原因は紫外線だけじゃない
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

シミの予防について

シミ予防にはこんな方法もあり
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

シミ対策

シミができにくい肌の秘訣とは?
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

アミノ酸の美容効果

アミノ酸はお肌の成分
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

コラーゲンとヒアルロン酸

意外と知らないこの違い
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

ビタミンCはなぜ効く?

なぜ美白効果がある?
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

ビタミンの美容効果

様々な美容効果について
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

ビタミン誘導体とは?

化粧品に入っている誘導体って?
ニキビ,ケア,ビタミン,誘導体

ひじ・ひざの黒ずみについて

体のケアも美肌の秘訣