大人ニキビから思春期ニキビまで、しつこいニキビを治しちゃおう!

ニキビが治らないのは、化粧品だけのせいじゃない?

ダブル,洗顔,良い,悪い
ニキビの原因とは?
ニキビの原因は様々ですが、基礎化粧品のせいばかりではありません。
ダブル,洗顔,良い,悪い
ニキビの予防情報
ニキビができにくい肌作り、体作りを目指して、肌の健やかさを保とう。
ダブル,洗顔,良い,悪い
ニキビ対策最前線
ニキビ対策として、するべきことをピックアップ。ケアの参考にしてね!

■正しい洗顔方法について

洗顔の鉄則

(1)2分で終わらせる
洗顔とは、どう転んでも肌に刺激を与える行為です。化粧をしている以上、界面活性剤の入った洗顔フォームを使用する必要があります。この時点で肌に刺激を与えています。そして、多かれ少なかれ、肌をこすります。本当はこすらずに洗顔フォームをよく泡立てて泡のクッションで洗顔をするのがいいのですが(生卵を扱うかのごとく洗顔する)、皮脂が多い部分などはどうしてもこすりたくなって、こすってしまいます。つまり二重の意味において肌に良くない行為なのです。しかし洗顔はしないといけないもの。であれば、てっとり早く終わらせましょう。

(2)余計な成分で顔を洗わない
「しっとりする成分」とか「もちもち肌になる成分」が配合されている洗顔フォームがたくさんありますが、結局、洗顔後に洗い流してしまうので意味がないのです。洗顔中にそういった成分が肌に浸透することはまずありません。 また、配合成分が複雑になればなるほど、肌への刺激の強い洗顔フォームになり、良くないのです。昔からある固形石鹸は余分な成分が入っていなく、皮脂を落とすことに集中しているのでお薦めです。「それではな…」と思えば(たいてい、昔からある石けんで顔を洗うことに抵抗があると思います)洗顔用の石けんを使用しましょう。固形の石けんは、余分な成分があると石けんとして固まりづらいので、たいていの固形石鹸は余分な成分が入っていません。

■正しい洗顔方法

(1)ぬるま湯で顔をぬらす

熱い温度のお湯は顔を乾燥させてしまいます。

(2)洗顔フォームを泡立てる

泡は片手にほんのりと山ができる程度(世間で言われているてんこ盛りでなく「かすかに」山が出来るていど)が理想的です。

(3)Tゾーンから洗う

手は体の両サイドについているものなので、どうしてもUゾーンに手が行きがちですが、一番皮脂の多いTゾーンから洗います。泡をひたいと鼻に乗せて指の腹を使ってクルクルと馴染ませます。

(4)Uゾーンを洗う

泡は肌に乗せるだけで汚れを浮き上がらせる作用があるので、こすりすぎに注意!

(5)目元・口元になじませる

目元や口元は皮脂腺が少なく、また肌がとても薄いところなので、最後に洗います。泡で包むようにやさしく洗いましょう。

(6)丁寧にすすぐ

ぬるま湯で丁寧にすすぎましょう。顔をこすらないことです。シャワーがあれば、シャワーで洗い落しましょう。髪の生え際まで丁寧に洗い落としましょう。指の腹で顔を触れた時にきゅっという感覚が生まれるくらい、皮脂を洗い落とします。Tゾーンに皮脂が残っていたらTゾーンだけ2度洗いをしましょう。

美肌マニア~スキンケア情報シリーズ

ダブル,洗顔,良い,悪い

シミの原因

シミの原因は紫外線だけじゃない
ダブル,洗顔,良い,悪い

シミの予防について

シミ予防にはこんな方法もあり
ダブル,洗顔,良い,悪い

シミ対策

シミができにくい肌の秘訣とは?
ダブル,洗顔,良い,悪い

アミノ酸の美容効果

アミノ酸はお肌の成分
ダブル,洗顔,良い,悪い

コラーゲンとヒアルロン酸

意外と知らないこの違い
ダブル,洗顔,良い,悪い

ビタミンCはなぜ効く?

なぜ美白効果がある?
ダブル,洗顔,良い,悪い

ビタミンの美容効果

様々な美容効果について
ダブル,洗顔,良い,悪い

ビタミン誘導体とは?

化粧品に入っている誘導体って?
ダブル,洗顔,良い,悪い

ひじ・ひざの黒ずみについて

体のケアも美肌の秘訣